ID : Pass :  | 
サイドメニュー
バナー広告
サイト内検索
     
ホーム >  さくらマップ >  さくらの種類
さくらの種類(100 件)

 <大島桜>  

伊豆諸島特産の桜。 かすみ桜の分化、海岸型。白色で芳香がある。 葉は桜餅を包むのに利用。

 

 


 

 <大山桜・紅山桜>  

エゾヤマザクラ(蝦夷山桜) ベニヤマザクラ(紅山桜)ともいう。 花は2cmから3cm。色は薄紅色だが、ソメイヨシノ等の白い種と比べる としっかりと色がつく。 オオヤマザクラは7mから15m程度の高さに育つ落葉樹。 また根元近くから枝を生やし、枝の範囲も7mから15m程度にまで成長する。

  

 

 <霞桜 カスミザクラ>  

日本中の山地に自生する落葉高木です。 葉と同時に数個の白色の花を散房状につけます。 山桜が咲いたあとの2から3週間後花をまばらに咲かせる花径3cm前後。 木全体に散らばった霞のような咲き方でこれもまた美しい。 大内エリアの葛岡のカスミザクラは全国でも珍しく県指定天然記念物に指定 されています。

 

  

 <関山 かんざん>  

普賢象と同じく、古くから知られた里桜の代表的な品種です。 花は大形の八重咲き、色は濃紅色であでやかな美しさがあります。 このあでやかさが外国でも好まれ、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど 海外にも広く植えられています。 樹勢は強健で成長も早く大木(9から13m)となります。 枝が上向するので中庭園にも向きますが、大庭園や公園などの植栽に 最も適しています。

 

 <黄桜・鬱金桜>  

花の色がウコンの根茎で染めた色に似ていることから、 この名前が付きました。 ウコンザクラ(鬱金桜)、黄金桜、浅黄桜などの別名があります。 花は大輪、八重咲きで黄緑色。 東由利エリアの黄桜は全国的に有名です。

 

  

 <枝垂れ桜>  

エドヒガンの園芸品種で枝が長く垂れるものを、シダレザクラ(枝垂れ桜) またはイトザクラ(糸桜)といいます。 一般的な花のように太陽に向かう力のない、どこか妖艶な花言葉をその ままに、優美に巨木からの枝をしならせる滝のようなしだれ桜。

 

 

 <染井吉野>  

エドヒガン系のコマツオトメとオオシマザクラの交配で生まれたサクラの 園芸品種である。現代の観賞用サクラの代表種であり、「吉野桜」と表記 する場合もある。木の生長が早く、各地で栽植される。寿命は短い。春、葉 に先立って開花し、花は淡紅色五弁。萼(がく)・花柄・葉などに軟毛が多い。 幕末の頃、江戸染井の植木屋から売り出されたのでこの名がある。

 

 

 <八重桜> 

ヤエザクラは俗名であって、200種以上あると言われるサトザクラの中で、 花弁が幾重にも重なったように見えるものを指している。サトザクラという のは、古くから行われた桜の人工的交配や変異によって生まれた園芸品種 のことで、これらの中には八重のものがかなり含まれている。 

 

 

 <山桜>  

日本の代表的な桜で、山地に広く自生しています。いわゆる里桜 (ソメイヨシノ、ヒガンザクラなど)は、花が咲いた後から葉が出てきます が、山桜(ヤマザクラ、エゾヤマザクラなど)は、葉と花がほとんど同時に 開きます。出っ歯のことを山桜というのは、この特徴(歯と鼻が同時に出る) に引っかけた表現です。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

上のカテゴリへ地図表示
大島桜 (1)
霞桜 (1)
関山 (3)
黄桜 (10)
染井吉野 (94)
八重桜 (31)
山桜 (7)
このカテゴリには記事が登録されていません。
GNavi   (based on MyAlbum-P)
 
     

由利本荘市観光協会  秋田県由利本荘市尾崎17 TEL 0184-24-6376 FAX 0184-24-3044

Email kanko@city.yurihonjo.akita.jp

pagetop