ID : Pass :  | 
サイドメニュー
バナー広告
サイト内検索
     
ホーム >  特産品 >  工芸品
工芸品(6 件)
上のカテゴリへ
並び替え|タイトル|日時|ヒット数 |現在の並び: ヒット数 (高→低)
1 - 6 件目 ( 6 件中)   
ごてんまり
ごてんまり
2013/10/21 14:19  投稿者: 管理人 (記事一覧) [ 21848hit ]
  「ごてんまり」は、広く手まりと言われ、日本古来の伝統美を持つ手芸品です。 手まりの歴史は古く、貞応(じょうおう)2(1223)年に手鞠会が盛んに催されたという記録があり、もともとは遊び道具として用いられたのが始まりと言われております。 江戸期の手まりは、御殿女中から庶民に伝わったとも言われていますが、本荘には記録としては残っておらず、現在は...
組子
組子
2010/2/15 16:59  投稿者: 管理人 (記事一覧) [ 9607hit ]
 秋田杉や桧など銘木を細かく切った何千もの切子を組んで、ひとつの品を作りあげる「組子細工」。それは木のレース編みと例えられます。職人が完成品を仕上げる技術を覚えるまで十年かかるといわれ、緻密な技術の集合体であることがうかがえます。組み合わせ部分をよく見ると、いかに正確な計算のもとに組み合わされているかがよくわかります。 格子、障子、欄間...
神代杉細工
神代杉細工
2010/2/15 17:01  投稿者: 管理人 (記事一覧) [ 8936hit ]
 鳥海山の大噴火によって地中深く埋められた秋田杉が発掘され、地上に出ると神代杉と呼ばれます。その秋田杉を素材とする工芸品です。泥流火山灰が堆積した地中で長年染み込んだ独特の色あいを誇り、根強い人気を得ています。
刺し子
刺し子
2010/3/4 18:32  投稿者: 管理人 (記事一覧) [ 8738hit ]
 日本海に沿った地方を中心に、貴重な木綿を大切にしようと布地を補強し、さらには寒さに耐える保温力を増すために縫い目を入れたのが始まりで、一針一針丹念に布地に模様を刺し込みます。 昔から農家の野良着に活かされてきた手仕事が代々受け継がれ、今やその実用性と模様の巧みさ・美しさを両立させています。布の織り目をひろって均等に縫う過程で、麻の葉、...
天鷺ぜんまい織り
天鷺ぜんまい織り
2010/2/16 13:54  投稿者: 管理人 (記事一覧) [ 7640hit ]
 絹糸と手紡糸の織物にぜんまいの綿毛や水鳥の羽毛、真綿などを織り込んだめずらしい素材から様々な製品を作り出しています。 ぜんまいの綿毛には防虫・防カビ効果があるといわれています。すべてが手作業で、着尺一反を織り上げるのに二ヶ月位もかかる貴重な織物です。、遠方から買い求められる方も数多くいます。 (株)史跡保存伝承の里「天鷺村」 TEL 0184‐74‐25...
金物
金物
2010/2/15 17:03  投稿者: 管理人 (記事一覧) [ 6954hit ]
古くから多くの金物がつくられてきた伝統と技は、今も受け継がれており、各種包丁からスコップ、鍬、斧、鋸、草刈鎌、その他農具など、材料の確かさ、使い勝手の良さ、用途に応じた品ぞろえで、いずれも優秀な金物として、全国に出荷されています。(有)山科刃物製作所 TEL 0184-33-3843
1 - 6 件目 ( 6 件中)   
GNavi   (based on MyAlbum-P)
 
     

由利本荘市観光協会  秋田県由利本荘市尾崎17 TEL 0184-24-6349 FAX 0184-24-3044

Email kanko@city.yurihonjo.lg.jp

pagetop